読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

34歳パート主婦の暮らし。

34歳パート主婦。日々のこと。ひとりごと。主人のこと。これからのこと。気ままに綴ってゆきます。よろしくお願いします。

うそでしょー!?

こんばんは。大野なおです。

 
 
 
 
まさか!!
 
 
 
 
夫「ねぇねぇ、今って平成何年?」
私「平成?28。」
夫「うそでしょ?!」
私「いや、28。」
夫「免許、とっくに期限切れてるわ」
 
 
オーーーノーーー!!!
 
 
 
引っ越しの際に、免許証の住所変更に
行かなかったために、更新のお知らせ
が届かず。
 
 
 
二人でアワアワしながら
「免許 期限切れ」でgoogle検索。
 
 
やむを得ない事情なし。
うっかり失効。
 
 
 
うっかりなんてかわいいネーミング
とはウラハラに、読み進めていくと
まったくかわいくない結果が。
 
 
期限切れにも三種類。
①期限が切れてから半年以内。
②期限が切れてから半年以上、一年以内。
③期限が切れてから一年以上。
 
 
夫は、②の、期限が切れてから
半年以上、一年以内。
 
 
 
【夫、免許奪還への道のり】
 
①運転免許試験場で仮免を申請する。
 
②運転免許試験場で学科・実技試験の
一発試験に合格する。
もしくは、自動車学校で第二段階から
学科・実技とも教習を受け、実技の卒検
に合格し、運転免許試験場での学科試験
に合格する。
 
③免許証、発行。
 
 
 
 
問題は②番。
 
試験場での一発試験の場合。
費用:受験料のみ
合格率:非公開だけど5%程度という噂。
メリット:お金がかからない。
デメリット:試験対策が全て自己責任。
 
教習所に通う場合。
費用:約20万円(近所の教習所)。
合格率:普通にやっていけば確実。
メリット:試験対策が明確。
デメリット:時間とお金がかかる。
 
 
 
夫ははじめは、一発試験を目指す!
と言っていました。
 
が、
 
私は教習所に通うことをすすめました。
 
 
 
合格率が著しく低く、
かなり厳しく採点されると
言われている一発試験の対策を、
すべて自分でするのは
想像以上のストレスになるはず。
 
20万円かかってしまっても、
ある程度任せていられるほうが、
精神的にはラクだし、
結果、スムーズに免許奪還まで
たどり着けるのではないか。
 
 
結局、夫も、教習所に通うことを決め、
今日は朝から色々なことを確認するため、
警察署、運転免許試験場、教習所に
電話で問い合わせまくり。
 
 
まずは、日曜日でも開いている
行政サービスコーナーへ行き、
住民票をget。
 
 
免許証サイズの証明写真を撮る。
 
 
たまたま平日休みの明日、
さっそく運転免許試験場へ
行ってきます! (行くのは夫です。)
 
 
【仮免申請に必要な持ち物】
⚫︎期限の切れてる免許証
⚫︎本籍記載の住民票
⚫︎免許証サイズの写真2枚
⚫︎身分証明書(健康保険証など)
 
 
 
ふぅ〜。
 
 
 
みなさまも、免許証の期限には
お気をつけくださいませ。

f:id:nao-oh:20161002230843j:plain