読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

34歳パート主婦の暮らし。

34歳パート主婦。日々のこと。ひとりごと。主人のこと。これからのこと。気ままに綴ってゆきます。よろしくお願いします。

選択肢があるということ。

こんにちは。
気持ちよく晴れている日曜日。
今日は主人の付き添いで
自動車学校にきています。


ひま人。



主人が自動車学校に通わねばならない


さて今日は、
勤務先の英会話スクールに
長年通ってくれている社会人女性の話。

おそらく40代後半?
フルタイムでお仕事されていて、
仕事で必要だからと英会話を
習っています。

その方が、少し前から
今後の働き方について
考えていると話してくれました。

①収入はそこそこあるが、今後
キャリアアップはおそらくないであろう
現在の職場で定年まで働く。
②収入は下がるが、今までの経験を
活かし、新しいチャレンジができる
環境に転職する。


この話をしているときに、その方は、
どんな状況にせよ、
選択肢があるというのは幸せなこと
だと言っていました。


私も、そう思います。


自分で選べる道があるということ。


それは恵まれているということ。



この話を聞いていた
同僚のある外国人講師は、
「選択肢なんてない方がいい。」
と言ってきました。

自分が選んだ道を進んで失敗したら
後悔するから。選択肢がなければ、
あの時あーすれば良かった、
別の選択肢を選んでいれば良かったと
思うことがないから、だと。


うーん・・・



私は、たとえ自分が思い描いた結果に
ならなくても、自分自身で決めたこと
なら、反省すれども、後悔はないんじゃ
ないかと思います。


なかなか英語だと、相手を納得させる
ほど理論的に話せないので、
結局その外国人講師とは、
曖昧なまま話が終わってしまいました。



最終的に、話をしてくれた女性は、
転職の道を選びました。


安定している収入や環境を手放すのは
勇気がいったと思いますが、
これからの彼女の人生が、
より幸せなものになりますように。


私も、勤務日以外に、自分一人で
何か楽しめることを探そう。


何をやるかは自分次第。


選択肢は無限大∞
f:id:nao-oh:20161023153345j:image